【日本文化情報】京都人送客時請你用一碗茶泡飯,可別傻傻地吃喔!

去拜訪京都的日本人家裡時,說著「差不多該告辭了」要走的時候,

對方會說一句日文お茶漬け一杯ぐらい食べていってください(請用一碗茶泡飯吧)」,

這時候真的可以吃嗎?


答案是:不行!

如果真的順著他們的話吃了茶泡飯再走就會被人家在背地裡說是厚臉皮喔!

為什麼呢?快來看看以下的內容說明吧!


京都人的送客暗語


去拜訪京都的日本人家裡時,說著“差不多該告辭了”要走的時候,對方會說“請用一碗茶泡飯吧”,如果真的順著他們的話吃了茶泡飯再走就會被人家在背地裡說是厚臉皮,這句日文就是帶有諷刺京都人意味的“京都茶泡飯”,但實際上這句話有著“我還想跟你說說話”的意思,度過了一段愉快得還想再一起待一會兒的美好時光,是表達親切感情的句子。


日文原文說明】

京都の家を訪問し、帰り際に「そろそろ失禮します」と言うと家人から「お茶漬け一杯ぐらい食べていってください」と言われ、そのとおりに食べて帰ったら「図々しい」などと陰口をたたく京都人を皮肉に表現している「京のお茶漬け」ですが、本當は「私はあなたとまだお話していたい」という意味であり、そう思うほど楽しい時間を過ごせて良かったという親愛の情を表現した言葉なのです。


這有名的“京都茶泡飯”作為對話的一種形式,是在不破壞難得和諧的談話氣氛,保留一些餘韻的前提下來分別,在送客的時候為了讓客人不會感到不愉快而說的有暖意的話。


日文原文說明】

有名なこの「京のお茶漬け」というのは、會話の一つの流れであり、せっかくの和やかな雰囲気を斷ち切らないように餘韻を持ってお別れするためのもので、お客様を不愉快な気持ちにさせずお帰りいただくための心溫まる言葉なのです。


但為什麼是茶泡飯呢?木村恭造說:“茶泡飯是簡單方便食物的代名詞。讓人聯想到'不招待了'、'您差不多可以回去了'這樣的意思。”


日文原文說明】

でもどうして茶漬け?木村恭造さんは「茶漬けは簡単で安易な料理の代名詞。『おもてなししない』、つまり『はよ帰れ』という意味につながったのではないか」と言う。