【日文學習】這個漢字是那個意思!?和中文完全不一樣!

台灣人在學日文時,因為已經認得漢字了,所以有利於台灣人能快速學習日文,但也些漢字卻不是字面看到的意思喔!雖然中、日文的漢字大部分意思都一樣,但偶爾也會出現同樣的漢字,在中文與日文當中,意思完全不一樣,今天就來幫大家介紹一下吧!


這次要來介紹幾個意思完全不一樣的漢字。

今回はそんな意味の異なる漢字をいくつか紹介したいと思います。



1.酷


看到某個很厲害的東西,

或是朋友穿了很帥的衣服時,

會脫口而出的應該就是

「酷」這個字吧。


何かすごいものを見た時、

友達がかっこいい服を着てきた時、

思わず口にしてしまう言葉、

それが「酷」だと思います。

這是從英文的cool而來的,

在中文是用來誇獎的字眼。


由来は英語のcoolということで、

中国語では褒め言葉で使われていますよね。

但是,

在日文這個漢字很少用在誇獎事物上。

反而是常使用在,

責備別人的時候。


ですが、

日本でこの漢字を褒め言葉で使うことはほとんどありません。

それどころか基本的には

相手を非難したり責める時に使うのです。



2.勉強


自己不想做的事還是努力去做了。

勉強自己把不想吃的東西吃完。

台灣的「勉強」是用在這種狀況的吧。


やりたくないことを頑張ってやる。

食べたくないものをなんとか最後まで食べきる。

台湾ではそんなような時にこの言葉を使いますね。

但是,這個漢字在日文當中意思完全不一樣。

ところが、この漢字、日本語では全く違う意味になるのです。


這是日文裡用來表達不良少年、愛玩的人最討厭的動詞。

英文是「study」,

中文是「學習」的意思。


こちらは日本語で、

英語で言うなら「study」,

中国語で言うなら「學習」,

という不良や遊び人が嫌いな動詞です。

順道一提,「勉強」這個字,

僅代表上課聽老師上課,抄黑板上的重點,

一個人自家裡解某個問題的動作,

跟實際上是不是有真正理解所學的內容,

或是真的能夠使用所學的知識,沒有甚麼關係。


ちなみに、「勉強」という言葉は

単純に授業で先生の話を聞いたり黒板を写したり、

家で一人で何か問題を解いたりするという動作であって、

実際にそれを理解できているのか、

それを使える知識にできているのかどうかはあまり関係ありません。



3.小三


台灣人看到這個字應該都不會有甚麼好感吧。

如果想到,我的男友有「小三」

晚上可能就會睡不著了。

這個字就是這麼恐怖的存在呢。


台湾人ならこの字を見ていい感情を抱く人はいないでしょう。

もし自分の彼氏に「小三」がいたら…と考えると

夜も眠れないかもしれない。

それくらい恐怖の存在だと思うんですよね。

「小三」這個字就是指

「有第二個男朋友、女朋友」「外遇對象」

的意思呦。


ということで、「小三」には

「二人目の彼氏・彼女」「浮気相手」

という意味があると思うんですよ。

但是在日文的「小三」並沒有這種令人聞之喪膽、

大人之間不單純的交友之類的複雜意思。


我們看到「小三」這個字反而覺得很可愛。


ですが日本語の「小三」にはそんな恐ろしいというか、

大人のドロドロ感というか、

複雑な事情を含んだ意味はないんですよね。「小三」という漢字を見たらなんだか可愛らしく思えてきます。

因為日文中

「小三」=「小学三年生」(國小三年級的學生)

(しょうさん)(しょうがくさんねんせい)

的意思。


なぜなら、

「小三」=「小学三年生」

(しょうさん)(しょうがくさんねんせい)

という意味しかないからです。



4.怪我


在中文,

發生了某件不好的事,

表達責任是否在自己身上的時候,會用這個字。


中国語でこの言葉を使う時は、

何か悪いことがあって、

その責任の所在が自分にあるかないかの時だと思います。

像是用在以下的狀況:

「不要怪我!」

「怪我沒講清楚」


「不要怪我!」(俺のせいにするなよ!)

「怪我沒講清楚」(俺がはっきり言わなかったのが悪いんだ)

などのように使うと思います。

但是,在日文完全不是這樣。

跟責任之類的事完全沒有關係。


ですが、日本語では全く違います。

責任云々は全く関係ありません。

例如

摔角選手揹著對手從場上往觀眾席進行跳水式攻擊時,

因為落點不好,撞到頭蓋骨而骨折。


例えば、

プロレスラーがリングから客席に敵を担いでダイブした時、

打ち所が悪くて頭蓋骨を骨折してしまったりだとか、

或是在秋葉原的徒步區,

一個發狂的男子開車持刀闖入,狂暴的攻擊路人

造成許多人受傷。


秋葉原の歩行者天国に気が狂った男が

車で突っ込んで刃物を持って暴れまわって

多くの人が切りつけられたりだとか。

那就叫「怪我」。

それが「怪我」です。


也就是

「受傷」的意思。


要するに

「受傷」

です。

是使用在:

「客席にダイブした時、誤って怪我をした。」

(往觀眾席施展跳水式攻擊,不小心受傷了。)


「秋葉原での殺傷事件で怪我人が多数出ました。」

(在秋葉原發生的殺生事件,造成多人受傷。)


「客席にダイブした時、誤って怪我をした。」

「秋葉原での殺傷事件で怪我人が多数出ました。」

などのように使います。

另外,平常大多數的人,比起用漢字寫「怪我」,

用平假名・片假名寫「けが・ケガ」的人比較多。


ちなみに、普段多くの人は漢字で「怪我」と書くより、

ひらがな・カタカナで「けが・ケガ」と書くほうが多いです。



Photo by Galen Crout on Unsplash