首頁 > 日文學習情報 > 日文學習情報 > 【日文學習】日語量詞:你知道這些數數方法嗎?

【日文學習】日語量詞:你知道這些數數方法嗎?

珍しい物の數え方や、なりたちをまとめました。物の數え方って、みんな自然に使っているけど結構奧が深くてスゴイ。個、枚、日なんて一般的なものもあれば、一つの名詞にしか使われないものまで。日本語って美しいし面白い。


總結了不常見東西的數數方法和構成要素。說起東西的數數方法,大家都自然地在使用,但這是其實是很深奧的。有個、枚、日這些一般的量詞,到只有一個名詞會使用的量詞為止。日語真的是優美又有趣。


一枚、一個、一頭…といった、數字の後につく"助數詞"

一枚、一個、一頭,這些跟在數字後面的“助數詞”


日本語にはなんと500種もの助數詞が存在しているそうです。しかし、今実際に使われている物は100種程度だそう。

日語中好像竟然存在500種助數詞。但是現在實際使用的好像只有100種左右。


一個、二個、三個。

一玉、二玉、三玉。

一粒、二粒、三粒。

一個、兩個、三個。

一顆、兩顆、三顆。

一粒、兩粒、三粒。


言葉や生活スタイルの移り変わりと共に、數え方も変わります。

隨著詞彙、生活方式的改變,數數方法也會改變。


例えば簞笥(たんす)。実は一竿、二竿と數えます。

例如櫃子,原本上是一抬、兩抬這樣數的。


何で竿か?これは簞笥の語源から來ているようです。簞笥の語源は、擔子(たんす)=棒(竿)を通して肩で擔ぐものから來たらしい。

抬是什麼呢?這個好像是從櫃子的語源來的。櫃子的詞彙來源好像是用擔子(たんす)=棒(竿)擔著的東西得來的。


江戸時代に庶民に簞笥が普及したとき、江戸の華の火事から逃げる時や引越しの時簞笥を運ぶのに竿を通して2人で擔いで運んだ。當時の簞笥はそういう仕様(竿通し金具付き)になっていた。

江戶時代是平民之間櫃子得到普及的年代,從江戶城裡的火災出逃時或者搬家時,是兩個人用桿子挑著搬運櫃子的。


形態が変わっても、數え方は変わります。

即使形態改變了,數數方法也會改變。


生きて泳いでいるマグロ→一匹(いっぴき)

漁獲されて冷凍のマグロ→一本(いっぽん)

三枚おろしの半身マグロ→一丁(いっちょう)

半身を切り分けたマグロ→一節(ひとふし)

ブロックになったマグロ→一塊(ひところ)

切ってサクにしたマグロ→一冊(ひとさく)

パック詰めされたマグロ→一パック(いちぱっく)

切り分けたお刺身マグロ→一切れ(ひときれ)

日本語ってとってもフレキシブル。

1カン、2カン…貫と書きます。

活著的在游泳的金槍魚→一匹

被捕獲冷凍的金槍魚→一本

切成三片的半條金槍魚→一丁

半條被切開的金槍魚→一節

變成一塊兒的金槍魚→一塊

切開的金槍魚→一冊

打包的金槍魚→一包

被切分成刺身的金槍魚→一切

日語是很靈活的。

一貫、兩貫,寫做貫字。