首頁 > 日文學習情報 > 日文學習情報 > 【日文學習】「寢る」和「眠る」的區別

【日文學習】「寢る」和「眠る」的區別


寢るは眠りにつくことを意味し、寢るも眠るも「睡眠」を表す言葉であるが、「立ったまま寢てしまった」というのは間違いで、「立ったまま眠ってしまった」というのが正しい。

「寢る」和「眠る」都是表示“睡眠”的詞彙,但是說「立ったまま寢てしまった」是錯誤的,「立ったまま眠ってしまった」(站著睡著了)才是對的。


寢ると眠るの違いは何かといえば、重點の置かれるポイントで、対義語と合わせて考えるとわかりやすい。

如果說「寢る」和「眠る」有什麼區別的話,它們的重點不同,和反義詞一起考慮的話會比較容易明白。


寢たまま本を読んだり、テレビを見たりすることは出來るが、眠った狀態では出來ないように、寢ているからといって睡眠狀態にあるとは限らない。

可以躺著看書、看電視,但是睡著的話這些是不能做到的,像這樣,躺著不一定就是睡著了的狀態。


寢るの重點は、體を橫たえるという體勢にあり、対義語は「起きる」である。

「寢る」的重點是躺著的姿態,反義詞是「起きる」(起立,起床的意思)。


死ぬことを「眠る」とは言っても「寢る」とは言わないように、眠るの重點は、目をつぶること、目を閉じて無意識の狀態になること、活動が停止した狀態にあるというところで、対義語は「覚める」である。

去世可以說成「眠る」,但不會說「寢る」,因為「眠る」的重點是閉上眼睛失去意識,停止活動的狀態,反義詞是「覚める」(睡醒,清醒的意思)。


本來は、體を橫たえることが「寢る」、睡眠狀態にあることが「眠る」であるが、眠るためには體を橫たえるわけであり、體を橫にして休ませていれば眠ってしまうという関係にあるため、寢るも「睡眠」を表すようになった。

本來躺著是「寢る」,睡眠狀態是「眠る」,但是要睡覺的話就要躺著,躺著休息的話就會睡著,因此「寢る」也漸漸可以表示“睡眠”。


これは、最近の言葉の亂れではなく、平安時代から同義語として用いられているものである。

這不是最近詞語的混亂,而是從平安時代就開始作為近義詞使用的一對詞語




資料來源: 沪江日语